友人や親戚から結婚式を挙げると言う知らせを受けた時、当日はどうしても外せない用事の為に出席出来ない、と言う方も沢山いらっしゃるでしょう。そんな時は祝電を送ると喜ばれるので、送ってみてはいかがでしょうか。まず、祝電を送る場所は式場にするのが一般的ですが、部屋名などが分かれば部屋名も書いておきましょう。新婦に宛てる場合は旧姓の名前で書いておきましょう。そして、式の最中に文面を読まれる事が多いので、短くまとめておくと良いでしょう。伝えたい事が沢山ある、という方はもう一枚手紙にして送ると良いでしょう。また、祝電の文面にはマナーがあります。切れる、離れるなどは離婚を連想させてしまうので控えておきましょう。また重ね言葉も使わないように気を付けておきましょう。文面がまとまらない方は、例文を参考にしてみると良いでしょう。



祝電をもらったらせめて時を失せずに出したいお礼状

パソコンや携帯端末機器が急速に普及したので遠く離れた友人、知人、あるいはビジネスの世界でもこのような端末機器がいつでも即座に利用できるようになり、電報の機能が殆ど不要になってしまいました。しかしながら、端末機器万能の時代になっていますが、冠婚葬祭の際、祝電や弔電に相変わらず電報が利用されているということは根強い習慣というべきでしょう。実際に結婚式や社長就任披露パーティー等、喜ばしい出来事の会場には相変わらず電報が利用され、中には、サプライズ的な立場の人からの電文が宴のさなかに読み上げられることもあります。当人たちにとっては祝電を送ってくれた人の顔を心に浮かべて嬉しさの絶頂というべきでしょう。こうした気遣いをしてくれた人にお礼をすべきと思う人と電報だけならお礼する必要はないと思う人がいて、考え方が別れますが、祝電を送るくらいなら良く知り合っている間柄でしょうから、もらったままなしのつぶてでは気分を害する人が出るでしょう。せめて、お礼状位は時を失せずに出しておくべきでしょう。



祝電は非常に大事なメッセージです。

祝電は非常に大事なメッセージです。一般的には結婚式の祝いのために送るケースが多いと思われます。最近では非常にバラエティに富んで楽しいものが増えてきています。実際に贈る立場と贈られる立場をしっかりと考えて贈るということが大事になってきます。以前は紙の物しかなかった印象ですが、最近ではキャラクターが入ったものや刺繍や押し花がついたもの、またはブリザーブドフラワーに至るまで多種多様なものがあり選ぶ方も非常に楽しい物ばかりです。実際に贈られて楽しいものが多く、祝電の域を越えたものも少ない無いといえます。節目節目で贈るものを考えて贈るというのは非常に大変ではありますが、それだけに相手に喜んでもらえるのはうれしいことです。表が色々変わっても結局は中のメッセージです。それをしっかりと考えることが一番重要になってきます。

ほっと電報オリジナル祝電「お父さん電報」。開くと花束を持ったお父さんが、飛び出してお祝い! 「安心」と「品質」で選ぶならほっと電報がおすすめ! Webからの場合、文字料金込みの商品もございます。 デザイナーズ電報シリーズ「DENPO×EVOLUTION」にはコシノジュンコも参加! 私たちはお客様からお預かりする大切な想いが込められたメッセージを心を込めてお届けいたします。 祝電の事ならお任せください